KOF勢共有ブログ

KOF勢共有ブログ

98UM雑記 アンディ(もち大名)

98UM雑記 アンディ

 

◯通常技、特殊技変更点
・上げ面(3A)1段目がキャンセル可能に
・上顎(6B)の隙が大幅減

◯必殺技変更点
・強飛翔拳(214C)が激飛翔拳に変更
・弱残影拳(16A)の硬直が短縮
・強昇竜弾(623C)の無敵時間が延長
・幻影不知火・上顎(幻影不知火中にBorD)の全体モーションが早くなり、中段判定になった上更に隙が減少。ヒット時ダウンするように。
・幻影不知火・下顎(幻影不知火中にAorC)の隙が増加

◯超必殺技変更点
・弱飛翔流星拳(236×2A)の発生が早く

◯メモ
上げ面1段目がキャンセル可能になったおかげで2B→2A→3A1段目→斬影などが可能に
6Bは極端に隙が少なくなった(ガード時1F不利)ので、コマンド投げ以外での反撃は難しい。ピンボイントで使ってると発生前に殴られたり無敵技で割り込まれりするので、工夫して使おう
激飛翔拳は密着ガード、もしくはガードキャンセルされない限り反撃は受けない。初手での削りやゲージ管理の甘いエキストラゲージを狩るのに使える。意外とガードクラッシュ値もあるので、画面端でリバーサル大ジャンプが癖になっている人を咎めるのにも使える
弱残影拳は硬直が減ったがガードされると反撃を受けるのは相変わらず。パワーMAX状態なら反撃は受け辛い。
強昇竜弾は無敵時間が伸びたので対空として信頼できるレベルになった。
幻影不知火は単純強化。上顎はガードさせても特殊技の上顎と同じくコマンド投げ以外での反撃は難しいので、強気に出してOK
ガードさせたら通常投げを警戒し、発生の速い近C1段目→6B→幻影不知火などへ連携させていこう。
下顎は硬直が若干増えたので注意
弱飛翔流星拳は発生が早くなった。密着からなら2B×2、飛び込みからなら2B単発から繋げる事ができる。ダメージも高く全体力の4割を奪う事ができるぞ

◯FEでの変更点
・近Cが座高の低いキャラに空振りしないように
・強斬影拳(16C)の発生が遅く、硬直大幅減

◯FE変更からの考察
近Cが底座高にもちゃんと当たるようになったのは地味にうれしい変更点。
強斬影は連続技にはできないが、ガードさせた後はアンディ側が有利。連携に使おう
例:屈C→強斬影→少し歩いて屈C〜や、ジャンプからで強幻影不知火(めくりや飛び越えてから帰ってくるのもアリ)、ダイレクトに6Bや激壁など