読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOF勢共有ブログ

KOF勢共有ブログ

98UM雑記 裏キング(もち大名)

98UM雑記 裏キング

 


UMでの追加裏キャラクター

◯通常技、特殊技変更点
通常技、特殊技の性能は表に準拠

◯必殺技解説
ベノムストライク 236BorD
画面端まで届く飛び道具。弱と強で弾速が違い弱はゆっくり、強は速く飛ぶ
硬直は表よりも少し大きく、判定も少し小さいので打つ際は注意すべし

トラップショット 623BorD
性能は表と同じ

トルネードキック 63214BorD
山なりに弧を描いて蹴りつける2段蹴り
移動スピードが速く、先端をガードさせれば反撃は受けにくい。弱と強では硬直は変わらないが、強は移動距離が長く相手にめり込みやすいので注意。パワーMAX時はノックバックが増えるので反撃はさらに受け難くなる。
垂直ジャンプでかわされたり、攻撃避けなどをあわされるとフルコンボコースなので気をつける

猛襲脚 近距離で421BorD
近距離で出せる打撃投げ。発生まで無敵時間などは無く、暴れなどに簡単に潰されてしまうがヒット後に追撃可能。
追撃はノーゲージ時はトラップショット、ゲージがある時は中央では強ダブルストライク、画面端付近では弱ダブルストライクで。

◯超必殺技解説
ダブルストライク 236×2BorD
通常より判定の少し大きい飛び道具を2発打つ。判定もベノムとあまり変わらず弾速もそこまで速くないので中距離ならともかく遠方からの相手の飛び道具に合わせるといった使い方は難しい。主に連続技用
MAX版は無敵時間は無いが弾や判定が大きくなっているので斜め上方向に対して対空に使える。

プライズローズ 236×2AorC
上昇時と下降時に攻撃判定が発生する。
弱から繋がる程発生が早く、なおかつ長い無敵時間もあるので対空や割り込みに使える。但し対空に使う際は低めの位置で当てないと下降部分が当たらずロックしないのでそれなりに引きつけて出す事。あと弱はカス当たりしやすいので対空に使うなら強で。
弱はガード後に距離が離れるので反撃されにくい。
初段ガード後、垂直登りジャンプ攻撃で確定反撃をもらうので注意。
受け身もとられるので、画面端ではキャラによっては反撃される場合もある。
MAX版は演出が長くなり攻撃力が上がるのみ。

◯メモ
通常技は表と変わらない。
裏ならではの立ち回りとして
2B×1〜2→地上CDへ連携させキャンセル弱ベノム→弱トルネード
スラ先端→ベノム(ジャンプに注意)や弱トルネード
遠D先端を当てた後に弱トルネードで飛び掛かりを落とす
屈Cで対空を取った際にキャンセル弱ベノム→弱トルネード重ね
登り中段のバックジャンプD後追いかけてきた相手をサプライズで迎撃など、反撃を受けづらい技を前面に押し出していく。
弱トルネードやサプライズを的確に処理してくる相手には当然だが控える。

猛襲脚ヒット後はすぐ追撃してもいいが最速登りジャンプ攻撃を当て、歩く距離を調整して着地で近Bから表と裏の2択を迫るのもいい。
ヒットしていたならもう一度猛襲脚でダブルアップを狙うのもアリっちゃアリ
相手が攻撃避けを選択している時、このような状況では避けるパターンが多いので通常投げの準備をしておこう

登りJDでの中段とキャンセル可能な2Bで2択を掛けていく立ち回りは表と同じだが、裏には強力な対空技であるサプライズローズや崩し投げの猛襲脚があるので活用しよう

◯FEでの変更点
強ベノムストライク(236D)の硬直が弱と同じに
トラップショット(623BorD)の硬直が増加
プライズローズ(236×2AorC)が受け身不可に

◯FE変更からの考察
強ベノムの隙が減ったので幾分か打ちやすく。
トラップショットの変更点は表と同じ
プライズローズが受け身不可になったので、画面端付近でも安心して使えるようになった