KOF勢共有ブログ

KOF勢共有ブログ

98UM雑記 紅丸(もち大名)

98UM雑記 紅丸


◯通常技変更点

・近Bの硬直が減少

・遠Bの食らい判定拡大

・遠Cの硬直が減少

・遠Dが足元無敵になるタイミングが早く

・ジャンプAの攻撃判定が変更

・ジャンプBの攻撃判定持続が短縮

・ジャンプC2枚目攻撃判定が縮小、食らい判定が増加

・空中投げがCボタンでしか出せないように


◯必殺技変更点

・弱稲妻キック(623B)の無敵時間が減少

・強稲妻キック(623D)の無敵時間が増加

・紅丸コレダー(632146AorC)のダメージアップ

・強雷靱拳(236C)が上半身無敵に

・空中雷靱拳(空中で236AorC)でダウンするように


◯超必殺技変更点

・エレクトリッガー(近距離で63214×2AorC)が1F投げに変更、ダメージ減少

・雷光片手駒(214×2BorD)追加


◯メモ

Bの硬直は-2Fされた

Bの弱体化が痛い。先端まで食らい判定が伸びたので潰されやすくなっている。遠Dも適度に見せて対処し辛く印象付けたい

Cの硬直は-3Fされ、牽制として使いやすくなった

Dは足元無敵に入るタイミングが3F→2F目と早くなり、若干使いやすく

ジャンプAの攻撃判定は下部分が小さくなり横方向に少し伸びた。地上攻めではなく空対空で使いやすいようになった

ジャンプBの攻撃判定持続は11F→9Fに短縮。以前の感覚で乗っかろうとすると当たらない場合も。

ジャンプC2枚目は内側の攻撃判定が縮小。1枚目でしかめくれなくなった。(持続でのめくりは不可)上方向への攻撃判定は大きくなっているので、昇り対空で使えない事もない。食らい判定は前方向に拡大しているため、横方向へは打ち負ける可能性が増えた

弱稲妻キックは攻撃判定発生まで無敵(6F)だったのが出始め3Fだけに変更された。今回は無理して使わなくてもよい。

その代わり強版は攻撃判定発生後まで全身無敵になったので対空技としては上等なものに変貌している。

強雷靱拳に上半身無敵が付いたが、無理に使うモノでも無い。知識程度に収めておくように

空中雷靱拳でダウンを取れるのは地味にいい変更。対空を釣りのリターンがデカく


雷光片手駒は新超必殺技。発生が弱からギリギリ繋がるレベルなので、キャンセルが少しでも遅れると繋がらない点に注意。リーチがそれなりにあるので反撃にも使えない事は無い


エレクトリッガーは1F投げに変更。使い方が無印とは変わるので頭に入れておく事。


FEでの変更点

・遠Bのダメージ増加

・強雷靱拳(236C)が単発技に。ヒット後追撃可能。気絶値減

・雷光片手駒(214×2BorD)の発生が3F早く

MAX雷光拳(条件下で236×2AorC)の隙が9F


FE変更からの考察

Bのダメージが4から7へ。主要牽制技のダメージアップはありがたい。

強雷靱拳は浮かせ技になり使用頻度は間違いなくアップ。ヒット後はゲージがある場合は雷光拳、無い時は強稲妻キックなどで追撃を。

J攻撃を当てて着地攻めするのもアリ。

注意点としてしゃがんでいる相手にはスカるので、しゃがみBの時点できちんとヒット確認をして強稲妻キックと使い分ける事。


雷光片手駒は発生がさらに早くなったのでより安定して繋がる。


MAX雷光拳は隙が減ったので、反撃に使った時に間に合わなかった場合にも助かる可能性ができた