KOF勢共有ブログ

KOF勢共有ブログ

98UM雑記 レオナ(もち大名)

98UM雑記 レオナ


◯通常技変更点

D投げが受け身を取れるように

・近Cの硬直が短縮

・遠Dの発生が早く、全体硬直が短縮

・垂直JDの発生が早く


・空中投げがCボタンでしかできないように


◯必殺技変更点

・弱ムーンスラッシャー(2タメ8A)に無敵時間追加

但し硬直は増加

・強グランドセイバー(4タメ6D)の発生が早く、硬直が増加

・アイスラッシャー(214AorC)の仕様変更

・イヤリング爆弾(214BorD)ヒット後追撃可能に


◯超必殺技変更点

Vスラッシャー(空中で2363214AorC)の攻撃判定が拡大


◯メモ

D投げは受け身を取られるようになったので、その後の起き攻めがしにくくなってしまった。

Cの硬直は-3Fされ、その後の展開が取りやすくなった。

Dの発生は15F→13F、硬直は24F→19Fに。足元無敵に入るフレームも6F→4F目と早くなり牽制技として使いやすくなっている。

垂直ジャンプDの発生は5F→4Fに。

弱ムーンスラッシャーの無敵部分は発生から8F目までの膝から上部分。攻撃判定発生は5F、すなわち発生後まで続くので対空として重宝する。ただし硬直は+10Fとシャレにならないくらい増えており、ガードされたりスカッたりすると死ねる。

強グランドセイバーの発生が早くなり密着時の強攻撃から繋がるように。ノーゲージ時最大ダメージとなるので、ヒット後は追加のグランディングバスターまで入力する事。なおしっかりと硬直は増加しているのでガードされた場合は反撃必至。ヒット時のみ出すように。

あの死に技として名を馳せるアイスラッシャーがまともな性能に。射出後すぐレオナが動けるようになり、なおかつ攻撃判定も高めの位置に出るので見てから飛んだ相手に引っかかりやすい。大ジャンプで飛ばれても弱ムーンでの対空が間に合うので強力。あと地味にヒット後に追撃も可能になっている。

ブーメランのような軌道で飛ぶが、帰ってくる時には判定はないので注意。アイスラッシャーが出ている時はイヤリング爆弾は出せないので頭に入れておこう。逆もまた然り。

イヤリング爆弾はヒット後追撃可能になり、実用性が上がった


Vスラッシャーは攻撃判定が前方向に大きくなり連続技に組み込みやすくなった。空対空でも負けにくく。


FEでの変更点

・しゃがみBの連打キャンセルのタイミングが早く

Xキャリバー(2タメ8BorD)の仕様変更

・グラビティストーム(236×2AorC)の無敵時間が延長


FE変更からの考察

しゃがみBは連打キャンセルのタイミングが早くなり、再度しゃがみBやしゃがみAに繋ぎやすくなった。

Xキャリバーはガードさせた後にジャンプ攻撃やVスラッシャーが出せるという仕様になったので、悪あがきできるように。

グラビティストームは無敵時間が伸び初段発生後まで無敵時間が続くようになった。相変わらず空中の相手にカス当たりするので注意。連続ガードではない連携に割り込んだり画面端での対空に使うなど、使うポイントを見極めておきたい