KOF勢共有ブログ

KOF勢共有ブログ

98UM雑記 クラウザー(もち大名)

98UM雑記 クラウザー

 

UMでの追加キャラクター

◯主要通常技解説

・屈Aは発生4Fと早く、ガードさせて±0Fと優秀。連打も効きキャンセルもかかる

・屈Bは下段。主に屈Aへの繋ぎで使う

・近Cは発生が4Fと弱攻撃並に早く、打点も高い所に出るので近距離で投げを狙った際に漏れても飛んだ相手に当たりやすい

・遠Bは発生が6Fとイマイチだが横へのリーチが長く、他の横に長い技と比べ硬直も短いのでとりあえず足止め、といった感じで使う

・遠Cはとてもリーチが長く発生も早いので牽制に使えるが、一部キャラにしゃがまれると当たらないので注意

・屈Cは判定が大きくキャンセルも可能(空キャンは不可) 持続もそこそこあるのでキャラによっては乗っけるような感じで対空に使える

・屈Dはリーチの長い下段。こちらもキャンセル可能

・JBは持続がとても長いので相手に触りにいきたい時に使える

・JCは打点が高く低座高には当たらないがめくりを狙える

・JDは発生がそこそこ早く斜め下方向に強い。昇りで出せば中段になる

・地上CDは吹っ飛ばしにしては発生が11Fと早く、判定が前方向と上方向に理不尽に大きい上にキャンセル可能。早出しの対空としても使える。

JCDは横方向に強いが下方向にはイマイチなので空対空で使う

強攻撃と吹っ飛ばしが高火力で殴り合い時のリターンが大きいのが特徴

 

◯必殺技解説

・ブリッツボール上段 214AorC

胸あたりの位置の高さの飛び道具。相手のジャンプなどに引っ掛ける事ができる。発生は少し遅いが硬直は短い。弱はガードさせて有利だが高座高以外のしゃがみには当たらない 強は発生がさらに遅くなるが弾速が早い

・ブリッツボール下段 214BorD

足下の高さで発射する飛び道具。残念ながら下段判定ではない。 上段より硬直が大きく(+3F)、見てから簡単に飛び越されるので中〜遠距離では安易に使わない事。 強版は上段と同じく発生が遅くなり弾速が上がる。

・レッグトマホーク 236BorD

弧を描く浴びせ蹴りで中段判定。弱のリーチは画面半分、強は画面2/3程度。 ガード硬直は弱版が-5F、強版が-6F。ガードさせれば反撃は受けにくいが避けを合わされると悲惨。 攻撃判定が大きいので早出しで相手のジャンプを落としたりもできる

ヒット時喰らい判定を残して吹っ飛ぶ為、画面端では追撃が可能

・カイザーキック 623BorD

弧を描く高速ドロップキックを放つ豪快な技。強、弱共に弱攻撃から繋がるほど発生が早い。 弱は画面の半分ほどのリーチがあり、強は1画面分程の距離をかっ飛んで行く。打点の低い飛び道具を飛び越えながら攻撃するので一部の飛び道具に反撃として使える

技硬直は膨大なため、確定状況以外ではまず使わない

・カイザーデュエルソバット 421BorD

弱はその場で、強は一歩踏み込んで2段蹴りをする技。ヒット、ガード時は各種ブリッツボールとレッグトマホークでキャンセルできる。 弱強共にガード硬直は-2F。2段目が空振りした時は弱は-5F、強は-7F。 弱は弱攻撃から繋がり、強は強攻撃から繋がる。強の出始めには無敵時間がついており、相手の牽制やGCCDを避けつつ当てられる

高火力な上に判定も強く、初段をGCABされない限り反撃も受けない。牽制も兼ねるので非常に強力。 注意点として、コマンド入力の優先度がブリッツボールの方が上なのでソバットを出す際はレバーをきちんと斜め方向で止めないとブリッツボールが出てしまう。入力の際には気をつける事。

・フェニックススルー 236AorC

一般的な上段当て身技。ジャンプ攻撃と必殺技が取れる。発生が遅く少々扱い辛い

・リフトアップブロー 632146BorD

1F発生のコマンド投げ。ダメージが高い。投げた後は足下で強制ダウンする為起き攻めに移行できる

・カイザースープレックス 632146AorC

発生の遅いコマンド投げ。投げるまで無敵時間がある。

 

◯超必殺技解説

・カイザーウェイブ 641236AorC

巨大な飛び道具。弱と強で弾速が違う。強攻撃先端からでも繋がる 3段階まで溜めることができ、威力が上がる。溜める事によって攻撃判定が大きくなったりはしない。無念。 MAX版はダメージが上がるのみ

・アンリミテッドデザイア 2363214AorC

突進乱舞技。無敵時間が長いので対空や割り込みに使える 通常版は追撃できるので、画面端なら近Dや屈Cで追撃ができる この技にはバグがあり、BCボタン同時押しで出すと終わり際の隙がなくなる(通常版のみ)。これにより画面端で強カイザーキックや弱カイザーデュエルソバットで追撃が可能になる。 ちなみに弱ソバットで〆た場合のダメージはMAX版とほば同じ

MAX版は演出が変わりダメージアップする。こちらは追撃不可なので注意

・ギガティックサイクロン 63214×3AorC

前代未聞コマンドの1F投げ 投げ間合いは広いが苦労するコマンドの割にダメージは普通。MAX版は演出が長くなりダメージアップする

 

◯メモ

このゲームを筆頭する強力なキャラクター。隙の少ない飛び道具、高火力な上無敵時間が付いていてなおかつ硬直の少ない突進技、ガードさせて隙の無い中段強襲技、2種類のコマンド投げ、当て身、無敵が長く対空にも使える突進乱舞と至れり尽くせりな性能の上基本的な通常技の攻撃力が高い。弱点はキャラが大きい事くらいか。

遠距離では上段ブリッツボールで様子見。ブリッツを見て飛び込んでくるなら地上CDやアンリミで迎撃する。 地上CDを嫌がってブリッツを前転で避けてくる相手には距離を詰めて前転の隙に屈C→強ソバットが確定する。 ブリッツをしゃがんで避ける相手にはその隙にダッシュで接近し屈Cキャンセル強ソバットやJB、JDで乗っかっていくと良い

強力な強ソバットだが、通常技キャンセルで出した場合無敵技などで割り込まれる場合があるのでたまにブリッツボールなどを混ぜていくと見切られ難い。

中距離では遠C、遠D、遠Bで牽制しつつジャンプ防止の地上CDや弱トマホークを出していく。もちろん強ソバットで強引に押し込んでいってもいい。相手があまり飛ばなくなったら間合いを詰め近距離戦へ。 忘れてはいけないのが2種のコマンド投げ。上記の立ち回りで相手がジャンプを萎縮し始めたらダッシュリフトアップブローの出番。決めた後は間合いを調整し前転で相手の起き上がりに重なり近Dキャンセル632146Dと入力すれば正面なら再度リフトアップブロー、背面なら強ソバットが出る。単純だが強力。 カイザースープレックスは無敵投げなので昇り小JD後に仕込んだり、対空や割り込みに使ったりしましょう。

近距離では割り込まれない限りは屈C→強ソバットなどでゴリゴリ押していってもいいが近Dを当てにいくのもいい。当てた後はクラウザー側が1F不利とほぼ5分な状況になるのでそこからは連携タイム。強引に屈C→強ソバットや、遠Bでの様子見、ダッシュからリフトアップブロー、ちょい歩きカイザースープレックスを狙ったり。 暴れ癖がついている相手にはディレイキャンセル強ソバットや、ややリスクはあるがキャンセル下段ブリッツなどで黙らせよう。

攻め込まれた時は各種コマンド投げや近Cが頼りになる。近Cは発生が4Fと早い上に攻撃判定も上方向に大きいので通常投げやコマンド投げを嫌がって飛んだ相手を落としやすい。とりあえずレバーを前に入れ投げ兼で出しておき、ヒット、ガード問わずとりあえず強ソバットでキャンセルするという脳筋戦法が単純だが強力。(ソバットに割り込んでくる相手には当然だが控える) 近Cは打点が高いのでしゃがまれると当たらないうえに小技暴れで抑えられる可能性があるが脳まで退化させて空キャン強ソバットをするのもアリ。小技程度なら無敵時間で抜ける。

何度か読み負けてもワンチャンスの高火力で押し返せるのが非常に理不尽。

 

◯FEでの変更点

・近Cの発生が2F遅く

・遠Cの威力が17→13に減少

・遠Dの威力が18→16に減少

・地上CDの威力が23→17に減少、前方向の攻撃判定が縮小

・カイザーデュエルソバットの威力が弱は16×2(半数補正)→12×2(半数補正)に、強は20×2(半数補正)→12×2(半数補正)に減少、強版の無敵時間が削除、硬直が5F延長

・レッグトマホークの威力が弱は18→16、強は20→18に減少

・各種ブリッツボールの威力が弱強共に14→11に減少、強版の発生が早くなったが硬直が延長

・カイザーウェイブの威力が減少

通常版 40 47 54→30 36 41

MAX版 60 67 73→48 54 61

・アンリミテッドデザイアをガードさせた時の硬直が延長、BC同時押しで性能が変化しないように

 

◯FE変更からの考察

全体的に大幅に火力低下した上に強かった部分が軒並み修正されてしまった。

近距離の要、近Cの発生が4F→6Fに鈍感したのは痛い。他の火力が低下している中で近Cと屈Cだけ無事なのが救いか

虎の子強ソバットは火力が大幅に下がり(なんと弱強同じダメージに!)無敵時間も消えたので以前ほどのリターンは無くなった。硬直も5Fも延長され、2段目をガードされた時の不利フレームは-7Fと大きく初段にGCABされるとほぼフルコンボをもらうハメに。 幸いコマンド投げの火力は以前のままなので、積極的に狙っていきたい。

アンリミテッドデザイアもガードさせた時の硬直が増え、以前よりも反撃を受けやすくなった。特殊入力版も当然だが削除されたので覚えておこう

強ブリッツボールは発生が弱と同じになったが硬直は以前より大きく。以前と使い方が違うので注意