KOF勢共有ブログ

KOF勢共有ブログ

98UM雑記 真吾(もち大名)

98UM雑記 真吾


◯通常技変更点

・近Cの認識間合いが拡大

・遠Cの発生が早く

・しゃがみDの発生が早く、食らい判定が拡大


◯必殺技変更点

・荒咬み(236A)ヒット時に相手をダウンさせるように

クリティカル発生時に追撃が確実にできるように

・真吾キックがどの部分でヒットしてもダウンするように

・ひじ落とし(仮)(214AorC)が真吾謹製オレ式・月肘に名称変更。判定も中段判定に。

・錵研ぎ(近距離で623BorD)の認識間合いが広く


◯超必殺技変更点

・バーニングSHINGO2141236AorC)の発生が早く


◯メモ

草薙一派の中でこいつだけ近C認識間合いアップ。今回は小足からチョイ歩きしなくても繋がる。

Cは発生が早くなり13F→10Fに。先端判定は相変わらず強いので牽制潰しに使える。

しゃがみDも発生が12F→9Fと早くなり差し込みやすく。但し食らい判定が前方向に拡大されたので注意

荒咬みはダウンするようになったので以降の攻めに展開しやすくなった。クリティカルヒット時は追撃判定が残るが空中ヒット時やクイック発動をかけなければ追撃は間に合わないので注意。

真吾キックは以前は根元に当てなければダウンを取れなかったが今回はどの部分で当ててもダウンするように。

ひじ落としは名前が変わり以降の作品で採用されている月肘に。判定は中段判定になったので崩しとしての使い道ができた。密着時の弱攻撃からキャンセルするとヒットしやすい。

戦術に影響は無いが月肘は214コマンドで出すと掛け声に、63214コマンドで出とげっちゅー!とボイスが変わる。名前募集中!は無くなってしまった。

錵研ぎは認識間合いが広がり、ジャンプ攻撃Cからも安定して繋がるようになった。

バーニングSHINGOは小技から繋がるようになり使い勝手が大幅に上がった。


FEでの変更点

・ジャンプDのめくり性能が大きく上昇

・轟斧(6B)が強攻撃から連続ヒットするように

・荒咬み(236A)の攻撃判定が下方向に拡大

・毒咬み(236C)の発生が1F早く

・鬼焼き(623AorC)がクリティカル発生時に追撃判定がつくように

・月肘(214AorC)のダメージが8→12


FE変更からの考察

ジャンプDのめくり性能アップ、6Bが強攻撃から繋がる等大幅な強化が。

月肘でしゃがみダウンを奪い小、中ジャンプDめくりからの起き攻めなどが強力。

注意点として6Bは密着強攻撃からキャンセルすると1発目だけヒットし2発目が当たらないという状況になる事があるので間合いに気をつけるべし。

ジャンプD→C→6Bからは毒咬みや駆け鳳鱗が繋がるが、駆け鳳鱗は発生後のボタン押しで発生を早くしないと繋がらない点に注意

荒咬みはチン、チョイなどのチビキャラのしゃがみにも当たるようになった。

鬼焼きは対空で弱版がクリティカルヒットした場合強版で追撃することができる。