KOF勢共有ブログ

KOF勢共有ブログ

98UM雑記 テリー(もち大名)

98UM雑記 テリー

 

◯通常技、特殊技変更点
・近Dの認識間合いが狭く
・屈Cのキャンセル有効範囲の縮小
・通常、大ジャンプDの発生が遅く

・ライジングアッパー(3C)の攻撃判定が横方向に拡大

◯必殺技変更点
・弱クラックシュート(214B)の攻撃判定が拡大、隙減少
・パワーチャージ(41236BorD)の隙増加、ダメージ減
・パワーダンク(623BorD)2段目の攻撃判定が拡大。強版のダメージが減少

◯超必殺技変更点
・MAX版パワーゲイザー(条件下で21416AorC)が画面端でも全部ヒットするように

◯メモ
近Dの認識間合いが狭くなったので、特定の技に対して反撃として使えなくなった。連携で組む際にも無印の感覚で使うと遠Dになるので有効間合いを覚えておく事
屈Cもキャンセル受付幅が短くなったので、無印ほどディレイをかけられない点に注意。
JDの発生が遅くなったので中座高に対して登り中段として機能しなくなった。

ライジングアッパーは攻撃判定が拡大したので連続技に組み込みやすく。2B×2→2A→ライジングアッパー→ゲイザーなども可能に

弱クラックは攻撃判定が拡大し、低座高以外のしゃがみに当たるようになり硬直も減少。斜め上方向にも相変わらず強いのでジャンプ防止技としての使い勝手が格段にアップした。リスクが少なくなったので数発当てた遠B、弱バーン先端、弱チャージ、屈CやD、地上CD後に出すといい感じに機能する。
チャージの隙が増え、ダメージが雀の涙レベルになったので使い勝手が悪化。つらい。
パワーダンクは2段目の振り下ろしの攻撃判定が大きくなり、安定してヒットするようになった。あと何故か強版のダメージが減少している。なぜだ。

MAXゲイザーは画面端でも安定してヒットするように。うれしい変更点。

◯FEでの変更点
・遠Bの威力が5→6に増加
・強クラックシュート(214D)の攻撃判定が下方向に拡大
・パワーチャージ(41236BorD)のダメージ増加
弱は4→8、強は9→12
・強パワーダンク(623D)の仕様変更
・強ハイアングルゲイザー(236×2BorD)の仕様変更

◯FE変更からの考察
遠Bの威力がアップしたので牽制の意味合いが地味に大きく。

強クラックは異常強化。低座高以外の屈み状態の相手にヒットし、ヒット、ガード後はテリー側が有利に。
さらに空中の相手にヒット時は登りJ攻撃で追撃可能。
チャージのダメージがけっこう増加。こういうのが地味に響いてくる。
強ダンクは無敵時間が伸びたので、対空として信頼できるレベルになった。
1段目での相手の浮きが変わったので、弱チャージ後の追撃にはカス当たりするように。弱チャージ後の追撃は一拍開けた弱ダンクを使おう
相打ち時はゲイザーで追撃可。対空強ダンクを使う際は頭に入れておこう

強ハイアングルゲイザーは攻撃判定発生直前まで無敵に。相打ちになった場合は追撃可。割り込みなどで使おう